【お風呂リフォーム③】お風呂リフォームで浴槽を撤去したら柱が白アリに食われて木が腐ってた・・・補修と防温対策!

スポンサーリンク

TOTOのお風呂のリフォームが始まって3日目!前回のお風呂の壁を壊す作業が終わって、ユニットバスの土台のコンクリートが乾いた状況からの続きです。

1日目2日目は、解体作業で古いけどキレイだったお風呂が解体されていくのは、かなり辛かったですね….

Renovation_TOTO_IMG_2340-1

リフォーム3日目!

リフォーム3日目!ユニットバスを入れるための下準備をおこないます。

風呂場は完全に壁が取り除かれて木枠がむき出しになっています。配線やら換気扇のダクトがむき出しになってかなり痛々しい状態です。

Renovation_TOTO_IMG_2332-1

20年近く内部が見えなかったので、どんな状態になっているかかなりドキドキです。

Renovation_TOTO_IMG_2339-1

スポンサーリンク

お風呂場の土台作り(コンクリートを敷き詰める)

まずユニットバスの場合、土台になるコンクリートわ敷き詰めます。この為、在来工法の風呂場では一段下がっていましたが、脱衣場と同じ高さになります。

またコンクリートを流し込むため、白アリ対策なもなります。一番の水回りの風呂場が白アリ対策が出来たのが良かったです。(コンクリートを流すと白アリは来なくなるようです)

Renovation_TOTO_IMG_2298

案の定!シロアリに柱が食われてた!

やはり白アリに柱が食われていました!

しかも強度的に重要な筋交いが食われてた!こらはマズイ!

在来工法のタイル張り風呂場だと、目に見えないタイルめじの亀裂から水漏れが発生するようです。解体した業者の人に聞いたらほぼ80%近くは白アリの被害が発生しているとの事でした。

Renovation_TOTO_IMG_2342-1

反対側の脱衣場の入り口の下も腐ってました。だいたいこの2箇所が腐るようですね。

Renovation_TOTO_MG_2343-1

白アリ自体は、今は居なかったようです。どうも木が美味しくなかったのか、途中で居なくなったようです。

シロアリに食われた柱の修理!

という事で白アリの食われてた筋交いと出口の下を急遽補修する事になりました。8万円ほどの追加費用がかかります。

補修は被害がある柱を取り除かき新しい木で筋交いを作りました。土台部分を鉄のプレートで固定して強度も確保。また防虫剤も塗って白アリが来ないようにしています。

この作業は1日かかりました!

Renovation_TOTO_IMG_2363

筋交いの上部分にも鉄プレートで補強。

Renovation_TOTO_IMG_2361

風呂場の出入り口の下も木枠を全取っ替えしました。

Renovation_TOTO_IMG_2362

これで土台の作業は完了です。

白アリがいた事はショックでしたが、被害が大きくなかったのと、このタイミングで水漏れによる腐りも発見出来たのはラッキーでした。

防温対策としてグラスウォールを入れることに!

TOTOのユニットバスは全て断熱パックで保温されているので、不要といえば不要なんですが1万円ぐらいで出来るとのとなので追加でお願いしておきました。

これで更に断熱効果があがりました。

Renovation_TOTO_IMG_2366

在来工法の場合は、グラスウォールは殆ど入っていないようです。

これはタイル張り風呂の場合、メジから水が漏れるのでグラスウォールがあると水が抜けずに逆に腐ってしまうからのようです。ユニットバスの場合、基本的に水漏れが、ないのでグラスウォールを入れても問題がないようです。

3日目の作業はこれで完了です。

明日から本格的にユニットバスの設置になります。

今までと風呂とは言えない状況だったけど、明日からはドンドンお風呂が組み上がってくるので楽しくなります。でも残念な事に僕は仕事なので立ち合いは妻にお任せ!随時LINEで連絡をとりながら写メとってくれるそうです!

めちゃ楽しみです!

【お風呂リフォーム④】TOTOお風呂リフォームでユニットバスの組み込み作業!見違えるようなお風呂になった!
TOTOのユニットバスのリフォーム3日目! 前回のTOTOでのユニットバスのリフォームの3日目です。前回までは「風呂の解体」→「床が腐ってる」→「白アリ発見」・・・・とかなり気が滅入るコンボが発生し...

つづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする