Supercel(スーパーセル)のYoutubeムービー!「100 Million Thank Yous」が当たり前すぎて泣ける!

スポンサーリンク

僕がスマホゲームの中で一番すきな会社の「Supercell」が素敵なYoutubeムービーをアップしたので備忘録的に記録しておきます。

100 Million Thank Yous

いわずとしれたSupercell(スーパーセル)と言えば、「クラッシュ・オブ・クラン」、「ヘイディ」・・・「ブームビーチ」・・・そして、最近リリースされた「クラッシュロワイヤル」などヘビーなゲーム性だけど、ライトな世界観と操作性で世界中で愛されているゲーム会社!

このムービーの中で言っていることは!

スポンサーリンク

14ものアプリを殺して、今が有るってこと!

この4つのアプリをリリースする為に14ものアプリを殺した!と言っている!

ゲーム開発って出せば売れるなんてことは無い!まして出す事に意義があるなんて事は全く無い!!売れることが偉いってことでもないんだけど、ユーザーがちゃんと遊んでくれて喜んでくれるって事が大事なんだ!

その為にはユーザーに届けるべきでないクオリティーの作品は殺すべきってことだね!

アプリを作っている人は人生の何割かをそのアプリを作るために費やして生活を犠牲に、そして同僚とのいがみ合い・・・などなど、メンタルをズタズタにしながら作ってきたので出したい気持ちはわかる!

さらに日本の経営者はアプリのクオリティをある一定以上に達するまで開発を継続する判断ができない。ダメージを最小限にするなどの理由を乗せて、中途半端な状態でGO! オンラインゲームなんって、運営しながら良くして行けばいいんだなんて・・・ことをTPOを使いながらいいているからね・・・

過去作品に足を引っ張られないように・・・

ちゃんと世の中で戦っていけるアプリを出す事が重要!戦えないアプリを出し続ける事は、その会社の「信用」を失っていくってことで次に良いアプリを出したとしても、前の印象で何割かは遊ばない・・・

質の高い会社、信頼の有る会社は、チャレンジな新規IPのタイトルでもユーザーはプレイしてくれる。(前に遊んだゲームの会社だから信頼できそう!!)遊ぶ前にプレイするかしないかって・・・ゲーム画面とかで判断するけど、それ以前に過去作品を見れば信頼できる会社どうかってわかるよね!?

ゾンビタイトルは墓場へ!アプリ終了させよう!

ということで、過去のゾンビのような状態のアプリがゴロゴロしている状態だと、どんなに優れたゲームができたって、みんなから認めてもらえないって事!

そんなゾンビ運営をしているゲームは、さっさと墓場に閉じ込めて新しいゲームを作ろう!

優秀な人員をゾンビタイトルに張り付けてないでね!