10TORI」のパッケージデザインを紹介します。ゲームマーケット2016秋で発売!

スポンサーリンク

ukiukuGAMEです。
今回は、ゲームマーケット2016秋で発表する新作の「10TORI」のパッケージデザインを紹介します。印刷に出す前の入稿データをフォトショップで加工したサンプルになります。

立体にするとイメージがグッと分かりやすなりますね!テンションが上がります!

10TORIのパッケージサンプル!

出来上がりのイメージはこちらです。
10tori%e7%ab%8b%e4%bd%93%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99_02

全面は赤を基調に裏面をガラッと青のツートンに!色も拘ったんだけど印刷でどうでるかな?

スポンサーリンク

10TORIはポーカーサイズのパッケージです。

一般的な創作ゲームの中では一番小さいポーカーサイズの大きさになります。

よくイエローサブマリンとかで創作ゲームコーナーに沢山あるサイズです!今回印刷を願いしている萬印堂の「ポーカーサイズ」になります)

ポーカーサイズ (内寸65×92×深さ20㎜)

丁度ポケットにすっぽりと入るサイズなので、肩肘はらずにボードゲーム?(カードゲーム?)を持って飲み会に行って遊んで欲しいな!そういうお手軽サイズです!でも結構頭使う戦略ゲームなので面白いよ!

パッケージのデザインイメージ

10TORIは数字を使った陣取り、点取ゲームということでシンプルに「数字」だけのレイアウトしたデザインにしてみました。(本当は「陣取り」というこもあったのでカルカソンヌのようなフィールドのイラストにするものいいかと思っていたのですが・・・今回はシンプルに!)

逆に今は数字だけで構成したことで良かったとおもっています!世界観が有ったほうがキャッチーでお客さんに手にとって貰えそうなのですが、このシンプルな数字だけというのも逆に世界観を縛らないのもいいかと・・・結構気に入っていますね!(と言っても、デザインはしばらくするといイジリたくなるよね)

フォントは拘ってみました!Rounds Black

といても自分で数字のフォントを作ったのではなくって、商業利用可能なフォントの中から選んでみました。フリーフォントの本を数冊購入していろいろ試して「Rounds Black」とい丸っこいデザインのフォント!

これをメインのフォントとしてカードやパッケージなどに使いました!Rounds Blackはこんんな感じのフォントです。角が丸く太い文字なので数字を強調してくれています。

rounds_black

フォント1つでそのゲーム(世界観)が大きく変わるポイントなので重要だと思います。よくパソコンなどに入っている汎用フォントは使いやすく読みやすいのでいいのですが、ゲームの顔になる部分では少し個性のあるフォントをお勧めします!かなりガラッとイメージが変わります。

フリーフォントはネットからダウンロードする事もできますが、一冊に約1,000種類纏まっている本も発売されています。Rounds Blackはこの本に入っていました。フォントは「商用利用OK」「要相談」「商用利用NG」などライセンスの規約がいろいろあるので、各自注意してください。

今回は完成イメージのサンプル紹介でした!

ということで印刷に出す前の入稿データを加工して立体的に作ったサンプルになります。

次回は、萬印堂から届いた実際のパッケージを紹介します!

きっとフォトショップで作ったサンプルよりもずーーーっと良い物になっているはずなので、かなり期待です!!!どかっと50個の商品が届いたらメチャうらしいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする