飛び出す絵本のようなボードゲーム!マイス(Mythe)-すごろくやオリジナルのネズミの勇者の冒険スゴロクゲーム!

スポンサーリンク

やっと手に入れた!すごろくやオリジナルのボードゲーム「マイス(Myths)」

新宿のイエロー・サブマリンの中古ゲームコーナーに格安で置いてあった!

これ前から気になっていて、欲しかったんだよね!

いつもすごろくやに行くとお店のレジの下にあるショーケースに飾ってあって、売り切れになってたんだ!お店の人に聞いても再販はしないと言われていて・・・

飛び出す絵本のようなボードがすごく魅力で、ものすごく欲しかったのよ!

Mythe IMG 9573

この素敵なコンポーネット!二つ折のボードを広げると立体的に世界が広がって登場してくる!僕の中でのボードゲームの魅力って箱を開けた時に「楽しさ」が詰まっていて、開けると楽しかが広がってくる感じがするところ!そこが最大の魅力なんだよね!しかも小さい箱だともうたまらない!それがマイスにはあるんだよね!

そしてカードのネズミ勇者の魅力的なデザイン!!!メッチャいいよね!

対象年齢が6歳から!とのことなので、うちの子供達と遊べそうだ!

スポンサーリンク

マイス(Mythe)

プレイヤーはネズミの勇者になってドラゴンに連れ去られたお姫様ネズミを助けるストーリー!パッケージもシンプルだけどガッコ良いね!

Mythe IMG 9563

パッケージの裏面!飛び出すボードとカードの魅力がメチャ伝わってくる!ワクワクするね!

Mythe IMG 9564

冒険カードすごろく!が楽しい!

プレイヤーは自分の色のネズミ(勇者)を動かしてドラゴンの所まで進んで姫を助ける事が目的!勇者を進ませるのはババ抜きのように相手の手札(カード)を引いて、そのカードに書かれている数字0〜3(経験値)を獲得して進んで行くことができます。カードは何枚引いても0Kです。

ボードのマス目を進ませて行くんだけど、進むのはマスじゃなくって、マスの中にある白ポチの数を進めていきます。引いたカードの数が白ポチを進ませる事ができる。中には一つのマス目に白ポチが2個、3個などあるので、カードを引いた数が1だと進めない事もありえる!!!

強気でどんどん引いて経験値を獲得して進んで行くのが楽しい!でも調子に乗り過ぎてドクロカード(0のカード)を引いてしまうと、それまで引いていたカード全てを失ってターン終了になります!なので、ドクロを惹かないようにチキンレース行っていきます。

Mythe IMG 9572

自分のターンを終了する時は、それまで引いていたカードを自分か相手に渡す事ができます。これが今度引く時の相手の手札になるので、ある程度カードの配分をコントロールすることができるので、戦略を生む事になってます。

例えば、ドクロや伝説のカードを特定のプレイヤーに偏らせる事ができるので、自分で勝ち筋を作る事ができるかも・・・ただし同じように他のプレイヤーもカードを配っていくのでどこまでカードの行き先を覚えているかが重要になってきて、ゲームとして面白いとろこかな!

最後はドラゴンがいる場所まで進んで、そのときに伝説のアイテム(剣、盾、魔法)のカードを持っていて出す事ができると倒す事ができる!

ゲームシステム的に気になった点!

あと、ちょっと気になったのは、他のプレイヤーがいるマスは飛び越えて良いのだけど、ドラゴンの前になるとすぐに詰まってしまって足止め状態になってしまうんだよね。そうすると勝ちが決まってしまうし少ない数字(1とかでも)でもドラゴンに辿り着いてしまう・・・

もう少しプレイしてみれば違うのか?僕のルールの理解が違うのかもしれないけど、ドラゴン前で足止めされないで逆転の要素が生まれる要素があるといいかと思った。例えば、飛び越えたコマは2マスほど後ろに下がってしまうとか?

それと、もう少しボードのマスの数の数があるとバランスが良いかと思った。分岐ルートとかあって伝説のアイテムをゲットできる場所とか、ザコや中ボスとかと戦うのあるとゲーム展開にメリハリがあっていいかなと思った。

さらに対象年齢が6歳からなので、カードの漢字にルビを振ってほしかったな!子供には漢字が難しくて読めなかった・・・ま、ゲームには関係ないし、教えて上げればいいんだけどね。

この辺りを改善して、この素敵な世界観と飛び出すボードで、リメイクしてほしいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする