マンハッタン | ビルをニョキニョキ立ててビル王を目指すボードゲーム!

スポンサーリンク

子供が8歳になったので、家の倉庫?(単にボードゲーム入っている場所)から名マンハッタンを引っ張りだしてプレイ!

子供は、なんだか最初はつまらなそうに思ったのか、渋々と付き合ってくれたんだけど・・・ゲームを始めて自分のビルを置いて、そのビルの上に別のプレイヤーのビルを被せられてた途端、急に面白くなったのか真剣にプレイ! やっぱり男の子は邪魔のしあいには燃えるようですね!

スポンサーリンク

マンハッタン

タイトル:マンハッタン(Manhattan)
ゲームデザイナー:アンドレアス・ザイファルト
メーカー:Hans im Glück (1994)
人数:2~4人
プレイ時間:45分
大賞年齢:10歳

プエルトリコ郵便馬車など数々の名作ゲームを世に送り出しているゲーム作家(アンドレアス・ザイファルト)の作品! 1994年のドイツ年間大賞を受賞している作品です。

今回プレイしたのは、旧版のやつです!最近リメイク版として完全日本語版がアークライトから発売されたようですが、僕は旧版のデザインの方が好きです!


ゲームの目的

ビルを沢山建てつつ一番高いビルを建てて得点を稼ぐ!得点が多く稼いだプレイヤーが勝ち!というシンプルなゲーム!

マンハッタンには「シドニー」「香港」「カイロ」「フランクフルト」「サンパウロ」 そして「マンハッタン」の6カ所の都市にビルを建てまくっていきます。

各都市は3×3にマス目があり、このマスに立体的なビルパーツを配置してビル王を目指すゲームです。

マンハッタンのルール

マンハッタンのルールは簡単!
覚える事はこれだけ!?と思えるほど少ない!ルールの複雑さが面白さの尺度では無いという事がよく分かるゲームデザインです!

ゲームは4ラウンドごとに行われます。各ラウンドで6個のビルのパーツを選んで使用。

手番はスタートプレイヤーから順番に行われて、手札のカードを1枚選んでビルを配置していきます。ビル配置するには、手札に書かれている赤いマークが描かれている箇所しか配置ができません。配置を行うとカードを1枚補充して、次のプレイヤーに手番が切り替わります。

6個のビルが無くなるまで行い1ターンが終了します。ターンが終了すると次のターンが開始!また6個のビルのパーツを選びます!このどのビルパーツを選ぶかが重要!

ビルパーツには偏りがあるので、どのパーツを選ぶかが重要!4階のパーツは全部で3個しかないので、序盤に使ってその場所を確保するか!終盤の乗っ取りに使うか!!1階のパーツをどのタイミングで使うか?

ビルの乗っ取りが面白い!

誰かが配置したビルの上に自分の色のビルを乗せれば自分のビルにする事ができる!!ただし、相手のビルの階数の合計より上回っていないと乗せる事ができない。この駆け引きがこのゲームを面白くしている!

そして自由にビルを配置できるかと思いきや!配置できる場所がカードで指定されていて、赤いマークの箇所しか配置が出来ない。これがジレンマになりって燃える!

得点計算!

得点計算も簡単!
・6カ所の都市で一番高いビルを所有していると「+3点」
・各都市で、一番高いビルを所有していると「+2点」
・自分のビル1つにつき「+1」

当然一番高いビルを目指すのですが、勝つにはそれだけではダメで!!万遍なく自分のビルを所有して地道に得点を稼いだ方が勝率は上がります!!でもやっぱり一番高いビルを狙いたいですよね!

マンハッタンを子供と遊んでみて!

最初はあまり乗り気ではなかったようだけど、ルールが簡単な事と、相手のビルの上に乗せる奪い合いが面白かったのか、かなりハマったようだ!連続して3回もプレイ!

二人の子供と遊んだのだけど、小学6年生は積極的に僕のビルを狙って潰してくる戦略!弟の2年生は争いが嫌いなようで、相手のビルにはかかわらずにひたすら安全な場所で自分の小さいビルを作っていった!

当然、弟君は高いビルができないので、負けたーと思ってスネくれていたんだけど・・・ゲーム終了して得点計算してみたら!なんと弟君が勝利!
お兄ちゃんは、僕のビルのつぶし合いで高いビルは作れたけどビルの数が少なく得点が伸びなかった。平和主義に小さいビルを大量に作っていった弟の戦略が功を奏した!

勝ち筋が複数あるゲームって良いゲーム!

駆け引きを行うゲームの最初の一歩としては、マンハッタンは丁度良いゲームだと思います!しかも得点計算も簡単なので、子供達だけでもプレイが可能だと思います。

ゲームの目的がビルを一番高くしたら良いってのもわかりやすいので、対象年齢が8歳〜となっているけど、7歳ぐらいかでも遊べるとおもいます!

※マンハッタンは、ゲーム版、カードには文字が使わていないのでルールさえしっかり教えてあげれば8歳からでもあそべますよ!


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする