アウグストゥス(Augustus)|ビンゴゲーム的にマークをそろえてローマを支配!アベカエサルと叫んで得点を獲得しよう!

スポンサーリンク

コロコロ堂で開催された「♭ふらっと会」にて歴史ゲームの「アウグストゥス」をプレイ!

最初、う!歴史ゲームか!と動揺しましたが、自分にとっては程よいボリュームのゲームで楽しめました!重くもなく、軽くもなく、程よく「あ~ボードゲームをしたな~」と感じる内容でした。

スポンサーリンク

アウグストゥス(Augustus)

アウグストゥス(Augustus)
ゲームデザイナー:パオーロ・モーリ
メーカー:Hurrican
人数:2~6人
プレイ時間:30分以上
対象年齢:8歳以上

プレイヤーはローマの「執政官」を目指す野心家になってプレイを行います!

各プレイヤーは目的カードを3枚選び、自分の場に配置します。
目的カードには「剣」「双剣」「盾」「戦車」・・・などいくつかの異なるマークが描かれている。これを揃えると得点になります。

マークが入っている黒い布袋の中からチップを引き、マークと対応した目的カードの場所に赤いミープルを配置!目的カードに描かれているマークが全部埋まると得点としてゲット!

これが面白いのが、オールマイティーマークのチップがでるまで何回でもチップを引いて良い事!などでドンドン引いて、自分の目的カードを埋めていきます。

目的カードのマークが全て、埋まると!

アベカエサルと叫んで得点を獲得!

当然、簡単に揃いそうな目的(マーク)だと得点は低く、複数マークで構成されていると揃い難いので得点が高くなる!さらに揃った時に、様々な効果が発揮される。

この効果の獲得を上手く行っていくことで、プレイの流れを大きく変える戦略になるので、どの目的チップを達成させるかが重要になってくる!

ゲームを始めた最初は、どの目的カードから達成させればよいか分からなかったが、効果がわかってプレイをおこなうと、かなり面白くなりそう!

目的カードには様々な効果がある!たとえば、目的カードを+1枚追加できたり、相手のミープルを排除したり、マークの剣と盾をトレードできたり!

さらに目的カードの「土地」や「人」が揃うごとに、ボーナス得点が貰えるけど、どのタイミングで貰うかが重要になる!

アウグストゥスをプレイしてみて!

今回は始めてのプレイで、ゲームの流れや目的カードの効果などが完全にわかってない状態だった、手探りプレイでしたがかなり楽しめました!これ効果がもっと理解できているとかなり面白くプレイができそう!

インスト(ゲームのルール説明)を聞いているときは、ちょっと複雑かな?とおもったけど、基本は布袋からチップを引いて、そに有った目的カードのマークに配置していくだけ!なので、かなりシンプル!簡単にいうとビンゴゲーム!

最近の重いゲームはちょっと辛いのですが、このぐらいのライトだけどしっかり戦略を考える事ができるゲームは楽しめました!(軽めのパーティゲームが最近おおかったけど、このぐらいの重さのゲームは丁度よいですね!)プレイ時間も1時間ぐらいでした!

後で調べたらなんと!2013年のドイツゲーム大賞にノミネートされた作品だったとは!
どおりで良くルールがまとまっている事だと・・・


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする