ポーション・エクスプロージョン|コロコロと転がる薬(ビー玉)を連鎖させて薬を調合!物理的に転がるギミックが素敵すぎる!

スポンサーリンク

これもコロコロ堂で開催された「♭ふらっと会」でのプレイ!

物理的にビー玉(薬の元)が転がってくるギミックが面白いボードゲームでした!

スポンサーリンク

ポーション・エクスプロージョン

ポーション・エクスプロージョン
ゲームデザイナー:ロレンツォ・シルバ、アンドレア・クレスピ
メーカー:Horrible Games
人数:2~4人
プレイ時間:30分~45分
対象年齢:14歳以上

プレイヤーは、魔法学校の生徒になって、魔法の薬を調合する事が目的なんだけど、この立体的なコンポーネットが素敵すぎる!

フラフコ型のボードが沢山!!これで薬を作っていく!

そして組み立て式の箱!これ「薬の排出機」で斜めに傾斜があり、その上をビー玉が転がり落ちてきます!!!ビー玉は薬の元で、それを取り除いてフラスコ(ボード)の上に空いた穴に配置して完成させる。もうワクワクが止まらないね!

実際に排出機から「薬の元(ビー玉)」を取り除くとコロコロと転がって落ちてくる。それを試験管ボードに配置して薬を作っていくのだけど・・・自分の手版では1個の薬の元しか取り除けません。でも取り除いて落ちてきた薬の元が同じ色で繋がったら「連鎖(爆発)」が発生して、連鎖した色の薬の元も取り除くことができる。

たとえばこんな感じ、

(赤)(赤)黒)(赤)(青)で、真ん中の(黒)を取り除くと、(赤)(赤)(赤)になりこの赤も取る事ができる!上手く連鎖をつかって、大量に薬の元をゲットが可能!

取り除いた薬の元は、フラフコ状のボードの上に配置(穴が開いていてビー玉を乗せられる)だんだんと薬が完成していく感じが出ていて、ワクワクします!

フラスコには薬の配合の難易度によって得られ得点が異り、また完成した薬によってゲーム中の使えるスペシャルな効果がある!

どの薬を完成させていくかの順番も重要!

たとえば、「盲目愛薬」という薬なら、相手のストックしている薬の元を奪う事ができたり、「時砂薬」なら一度使った薬の効果を復活させる事ができ、コンボを作る事ができるなど!!

ポーション・エクスプロージョンは、ギミックの面白さに目が行きそうですが、しっかりとしたプレイヤーの思考が入っているため、見た目にそぐわずしっかりとボードゲームしています。連鎖と完成した薬の効果をつかうと一気に得点を獲得する事ができ逆転も可能!

ポーション・エクスプロージョンを遊んでみて!

これも「♭ふらっと会」で同席した卓の人が紹介してくれたボードゲームだったんだけど、自分の知らないゲームをプレイできるきっかけになるのが、ゲーム会の良いところですね!今回初めてゲーム会に一人で参加したのですが、かなりハマりそう!

自分の趣向でゲームを選んでしまうと、知らぬうちに似たような方向性のゲームになってしまうが、人から紹介してもらうゲームだと、以外な出会いがあり楽しい!

そんなゲームが「ポーション・エクスプロージョン」でした!

インスタ映えしちゃうしかなり、小さい子供でも楽しく遊べるので、かなりおススメなボードゲームです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする