アミダ魚雷|アミダくじを通過ったボードゲーム!?小さい子どもで遊べる一風変わったゲームだよ!

スポンサーリンク

2016年のゲームマーケットに参加したときに発見したボードゲーム「アミダ魚雷」をやっと購入できたのでプレイ!そしてレビューです。

デザインが可愛いのと、ベルがついていて、小さい子供(うちの子)でも遊べそうなので気になっていたんですよね!!!でもゲムマに参加していて販売が終わった後にブースに急いで行ったんだけどその時に時すでに遅く・・・売り切れ御免になっていたんだけど、今回やっと購入できたのでかなり嬉しい!

スポンサーリンク

アミダ魚雷

アミダ魚雷
ゲームデザイナー:ひろり
メーカー:
人数:3~4人
プレイ時間:15分~
対象年齢:8歳以上

アミダくじを使ったって事でどんなゲームなのか気になっていたのですが、中央にモンスター(カイジュウ)がいて、それを4人でアミダを繋げて攻撃!攻撃は「魚雷」という・・・なんども斬新なゲームでした・・・

魚雷は2発!それを上手く当てるようアミダチップ(?)を繋げていって、いち早くできた人が、ベルをならして魚雷を発射!

倒すとキラキラの宝石を獲得できるというゲーム!

ボスは「タコ」「ペンギン」「エイ」・・・などいろいろな種類が存在していてバリエーション豊かに遊ぶ事ができます。

アミダ魚雷を遊んでみて

ゲームルールは非常に単純で、アミダのルートを繋げて敵に当たったら魚雷を発射!という単純明快なルールなので、8歳~と書かれているけど、5歳ぐらいからでも遊べそう!

なので、ゲームとしての深みはなく大人にはちょっと飽きてしまうが、小さい子供はルールを繋げる事自体が楽しいか、家の子供はなんどが遊んでしました!

ゲームマーケットは、こういう意欲的で新しい切り口のゲームに出会えるのが楽しいですね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする