ボードゲーム制作でタスク管理アプリのTrelloを使ってみた!かなり使える!

スポンサーリンク

テストプレイを行うと色々な意見やアイデアやテストしないとならない項目が沢山でてきますよね。それをどの様に纏めていくかって結構問題だった!テキストでダーーっと書くとドンドン埋もれていくし・・・時間が経つと風化するアイデアとかもあって、どうやったら効率的に管理できるか考えていました。

今回、スマホとPCで連動できる「タスク管理アプリのTrello」を使ってみたら、かなり意見(問題)を効率良くまとめる事ができた!

スポンサーリンク

テストプレイの意見を効率良くまとめて管理したい。

テストプレイを行うと、いくつもの意見や改善案が出てくる!これをどうやってまとめるか・・・

いろいろな人にプレイして貰って、その都度意見やアイデアを貰う。それをノートPCやスマホ(タブレット)などを使ってメモをしていたけど、時系列にダラダラと書いているので後から見直すと分かり難くなってしまっていた。意見が重複したり埋もれていたりとね・・・

今回、カルネージ・キューブのテストプレイで出た意見を、タスク管理アプリの「Trelo」を使ってみて凄く良かったので記事にしてみました。

 タスク管理アプリの活用(Trelo)

今回はTrelloという看板方式のタスク管理アプリを使ってみました。

Trelloの公式ページはこちら!
PCの他にスマホやタブレットもあります!

テストプレイ中はiPadの標準メモにダラダラと出てきた意見を書きなぐっていたのですが、どうも上手くまとまらない。重複する意見も出てくるし、話しが飛んで行ってしまう事もある!

これを紙のノートや、スマホのメモアプリ、Microsoft Wordかなにかにまとめようと思っていたんだけど、なんかイマイチだなと・・・二度手間で面倒くさい!

そして修正した意見(アイデア)や、まだ対応しないけど残しておきたい意見、捨てる意見など・・・いまは対応しないけどいつかは生きるかもしれない意見はストックしておきたい。

意見は平たく見渡せる状況にして置く事が重要で、ノートのように一軸的に書いてい行くと埋もれて忘れてしまう事になる。これをなんとかしたかった!

いま集中したい「意見・問題(タスク)」をわかりやすく見たい!

ということで、なにか良いツールはないかと考えていて、Treloを使ってみることに!使った結果かなり良い!使える!

Treloは仕事のタスク管理や家のちょっとしたメモにも使っている!

仕事の場合は、抱えている案件(プロジェクト)ごとにまとめていますし、家のことなら「子供の事」「家族の事」「買うもの」などに分けて管理している。とにかく必要なメモをタスク化して放り込んで、後でタスクの整理をする。結構アバウトな使い方ができるのでよい。

Treloの構造は「ボード」→「リスト」→「カード」という三段階で構成する。

まず、大きいジャンルの「ボード」を作る。

ボードゲーム制作の場合であれば、検討中のゲームごとにボードを制作しても良いでしょう。
たとえば「トリックテイキング風ゲーム」「ワーカー系ゲーム」「スゴロク系ゲーム」など・・・とりあえず、大きなグループを「ボード」にしてまとめておく。

後とから「ボード」の名称も変更できるます。この辺りがデジタルの良い点。

ボードの次はリストを作成!

ボードができたら、その中を細分化して管理する事ができます。「リスト」です。

ボードゲームのリストなら「カード」「移動」「戦闘」・・・などそのゲームごとのシステムでカテゴリにしてもいいですし・・・「検討」「問題点」「買うもの」などでのリストを作成しても良いでしょう!

リストごとに内容をまとめる!
小カテゴリごとのリストの中に意見や思いついたアイデアを1カードごとに作成していく。

リストの中に「カード」を作成!タスクをつくる。

「ボード」→「リスト」とタスクをつくる器ができたら、次は具体的なタスクを作成していきます。タスクはなんでもよく!やることを1項目ごとに「カード」として作成していくのが良いでしょう!

たとえば、バトルのタスクで「サイコロの目の調整」「戦闘補正の調整」とか、移動のタスクなら「都市の移動力を少し少なく!調整」など、やることを1項目ごとにまとめていくとよいでしょう。

 リストもカードも移動ができる!

カードは、別のリストに移動する事ができるので、戦闘についての意見だったけど、移動の意見として管理したほうが良い場合は、カードをつまんでリストを移動させる事ができる。

またリストの中で上下に移動させる事もできるので、自分で上からタスクを処理すると消えておけば、作業の優先度も作る事ができるので便利!

完了したリストで、完了の見える化!

終了したタスク(カード)は、「完了リスト」を作成してそこにまとめておくと、自分の作業の成果を視覚化する事もできる。終了したけど、再度修正が必要になった場合、「完了リスト」から引っ張りだして、別のリストに戻す事もできる!!!

完全に「削除」することもできるので、自分にあった使い方を見つけるとよいでしょう!

 ボードゲーム制作で「タスク管理アプリ」を使ってみて!

これはかなり有効だと思いました!僕個人との意見ですけどね!?

日々思いつくアイデアや修正点、テストプレイでの意見をノートに書き込んだり、iPhoneのメモアプリにメモっていたけど、どれも埋もれてしまい上手く活用する事ができなかった。

でも、この「Trelo」を使うことで、やる事を平たく見る事ができ、また簡単にリストやタスクを入れ替える事ができるのもよいので、いまやるべき修正点はどれなのかがハッキリするので、時間を無駄にしないで作業ができる!

紙のノート(アナログ)にメモに書いていくのは良いのだけど、体系的に管理したり順序立てて作業をする事ができた。(できる人もいると思います・・・僕はダメだった)

その点「看板方式のタスク管理アプリ」だと、メモとしてアイデアを書き溜めたり、後でやる事を備忘録的にメモっておく事もできるし、タスクとして今日やる事をピックアップする事も簡単にできる!

ズボラで無計画な僕のような奴がボードゲームを制作するには、タスク管理アプリは有効って事がわかった!

Treloは無料で使える!

このTreloは無料で使えるほか、スマホやタブレット、PCと同期ができるので、電車の中で思いついたアイデアをメモっておいて、PCで清書してリストに追加しなおすこともできるので、かなり使い勝手よい。

タスク管理アプリはTrelol以外にも多数あるので、自分が使いやすいアプリを探してみるのも良いでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする