アズール | タイル職人としてエヴォラ宮殿の壁をカラフルなタイルで装飾しよう!

スポンサーリンク

コロコロ堂の夜コロで「アズール:シントラのステンドグラス体験会でプレイをした後、1作目のアズールもプレイしてみました!

アズール:シントラのステンドグラス | 美しいガラスを敷き詰めてステンドグラスを作るバックドローゲーム!
アズール:シントラのステンドグラス (Azul: Stained Glass of Sintra) コロコロ堂の夜コロで「アズール:シントラのステンドグラス」を初プレイ! アズールの1...

アズールは2018年のドイツ年間ゲーム大賞受賞した作品!プレイヤーはタイル職人となって、エヴォラ宮殿の壁をカラフルなタイルで装飾するゲームです。(タイル職人のゲームなって中々無いので、楽しみですね!)

スポンサーリンク

アズール

アズール
ゲームデザイナー:ミハイル・キースリング
メーカー:
人数:2~4人
プレイ時間:30分~45分
大賞年齢:8歳

今回プレイしたアズール(1作目)で、じつは2作目の「アズール:シントラのステンドグラス」を先にプレイしていたんですよね!なので、基本的なシステムは理解していたので、直ぐにゲームを飲み込む事ができた!

アズールのコンポート

アズールは、コンポーネットが本当に美しい!この美しさだけでこのゲームを所持したくなる。

内容物は「円形のボードが7個」「個人ボード」「タイルと巾着」が主なコンポーネットです。

タイルチップは紙製ではなくプラスチックでできていて、ちょっとした厚みがあるのでタイトルというよりもキャラメルみたい!無地のタイルもあれば、模様が施されたタイルもあって、眺めたり持っているだけも素敵なコンポーネットです。

アズールのゲームの流れ

スタートプレイヤーが巾着の中に入っているタイルを4個づつ抜き出して、円形のボード(7個)の上に配置していきます。プレイヤーは、順番に円形ボードを一つ選び、その中のタイル1種類を獲得します。

獲得の仕方が、ちょっと面白く、例えば円形ボードの上に4つのタイルが「赤が2個」「青が1個」「黄色が1」と会った場合、青を選んだら青タイルを1個獲得。赤を選ぶと赤タイル2個を獲得になる。同色を取るという事です!そして選ばなかったタイルは、中央のタイル捨て場に置きます。

プレイヤーは円形ボードの中からタイルを選ばなくても、中央のタイル捨て場に溜まっているタイルから1種類のタイルを選んでもいい!一気に5個(同色)が集まる事もあるので、タイル捨て場を狙うのはあり!でも一番最初にタイル捨て場からタイルを取った人は1点減点というペナルティがあるが、それで得られる得点と照らし合わせて、最初にタイル捨て場から選んだ方が得かを判断した方がよい。

この辺りが駆け引きの戦略になってくる!最初にあえて後から欲しいタイルを捨てておいて、後でごっそり獲得するとかね・・・

獲得したタイルは個人ボードに配置していきます。

ただし、右側のキレイなタイツの図案に、獲得していきますが、まず最初は左側の「タイル置き場」に配置しないとならない。その時に配置できるタイルの数の縛りがある、これが悩ましい要素!

タイル置き場は5列あり、上は1個しか置く場所ができない、下に行くにつれて最大5個までタイツを置く事ができる。しかももう一つ縛りがあり、横列ごとに同じ色のタイルしか置く事はできない(青タイルなら青だけしかおけないということ)

タイル置き場の横列全てにタイルがおけると、右側にタイルを配置ができる。黄色のタイルの模様にタイルを起きたければ、黄色のタイルを左のタイル置き場に横一杯に配置する。そうする事で、タイルが出来上がって配置することができる。

一番上は1個だけで配置ができるメリットがあるけど、配置できなかったタイルは失点になってしまうので、どのタイルをどのタイミングで獲得するかが非常に重要になってくる。

最終的に全てのタイルが円形ボードとその中央のタイル捨て場から亡くならないと、新しいタイルが補充されない。パスができないので、だれかが不要なタイルを引き取らないとならず・・・失点になることもある!これが結構きつくって自分が欲しいタイルと、みんなが欲しがっているタイル、その逆に不要なタイルを見極めて、後なん手番で自分の所にくるかを計算してどのタイルを引き取るかを考えなくてはならない。

結構、先の先まで読まないと一気に失点だらけになって点数が上がらなくなってしまうことも!

この辺り、2作目の「アズール:シントラのステンドグラス」の方が、ガラス職人の位置をリセットして戻す事ができるので、失点が出にくいシステムなっている。シントラのステンドグラスは自分のボードと睨めっこして平和にプレイが進むけど、1作目のアズールは相手の状況を読みながら、失点しないように、そして失点させるようにとガチのプレイが必要!

アズールをプレイしてみて!

最初に2作目の「シントラのステンドグラス」をプレイしていたこともあるので、ちょっと1作目の方がキツく感じた!

失点する要素が大きいので数手先(相手がどう行動するか)を常に考えないとならない。このあたりがちょっとキツく感じるけど、ゲームとしては見通しがいいゲームですね。上級者と初心者が混ざってプレイすると上手い人が圧倒的に勝ちパターンになりそうだけど、同じレベルの初心者同士ならルールも簡単なので楽しく遊べそう!

パッケージも美しく、ちょっと1つ手元に置きたいボードゲームの1つですね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする