アズール:シントラのステンドグラス | 美しいガラスを敷き詰めてステンドグラスを作るバックドローゲーム!

スポンサーリンク

アズール:シントラのステンドグラス (Azul: Stained Glass of Sintra)

コロコロ堂の夜コロで「アズール:シントラのステンドグラス」を初プレイ!
アズールの1作目も未プレイしていなかったけど、プレイしてみた!(その後に1作目もプレイしました)

アズールは2018年のドイツ年間ゲーム大賞受賞した作品でかなり気になってた作品。その時、仕事が忙しくって中々プレイする機会が無かったんだけど・・・今回コロコロ堂の夜コロで取り上げてもらって本当に嬉しい!

スポンサーリンク

アズール:シントラのステンドグラス

タイトル:アズール:シントラのステンドグラス
ゲームデザイナー:ミハイル・キースリング
メーカー:
人数:2~4人
プレイ時間:30分~45分
大賞年齢:8歳

「アズール:シントラのステンドグラス」は、1作目のシステムを受け継いでいてタイル職人から、ステンドグラス職人になって、シントラ王宮の窓をステンドグラスで装飾するゲームになっています!

こちらもパッケージも美しく、またコンポーネントも素晴らしい作りでした!

アズール自体が初めてのプレイだったけど、いつものごとくコロコロ堂の店員さんのインストが素晴らしく分かりやすかったので、問題なくプレイ!意外とシンプルで見通しが良いゲームでした!

シントラのステンドグラスのンポーネントのこと

コンポーネントの構成は、基本的には1作目のアズールと同じ感じ。

中央に置かれた7個の円形ボードと、個人ボード(ステンドグラスを作る場所)と、バックドローする巾着とその中に入ったタイル。

アズールとの一番の違いは個人ボードの構成。アズールの1作目ではタイルを正方形のマス目に配置していきましたが、2作目のシントラのステンドグラス では教会なのかな?ステンドグラス1本ごとに構成されていて、それが8本ならんだ個人ボードを使います。これが結構特徴的です。

シントラのステンドグラスのゲームの流れ

スタートプレイヤーが巾着の中からステンドグラスの材料(ガラス)を取り出し、円形のボードの上に4個ずつ配置していきます。この辺りはアズールの1作目と同じ。それを各プレイヤーが順番に取って自分の個人ボード(ステンドグラスを作る場所)に配置していく。7個ある円形ボードを1個を選び、その中のガラスを1種類選ぶ!

選んだガラスは種類ごとに取るので、オレンジ1個、青色2個、黄色1個が場合はだと、オレンジを選んだらオレンジ色のガラス1個を取る。青色なら2個を取ることになる。同色のガラスを全部取るという事です。取らなかった色は中央にストックされる。また中央にストックされたガラスから同じように同色全部を取るとう事もできます!

なんの色を選んで、なにを捨てるかが重要!捨てたガラスは中央に置かれるのでそれを狙う人もいる!自分の行動が相手の行動を制限するシステムがほどよいジレンマを生んでいて非常によい。

その取ったガラスを個人ボードの上に配置するのだけど、ちょっと面白い縛りがあって8本のステンドグラスの一番左にいる職人コマから左側のステンドグラスにしか配置ができない。配置すると職人は、そのステンドグラスまで移動する。作業をしながら右のステンドグラスに進んでいく感じですね。

なので、右側のステンドグラスに移動すると、どんどんガラスを配置する事ができなくなってくる。職人を左に戻したければ、一回休んでリセットする事ができる。これを繰り返しながら、自分のステンドグラスを完成させていく!

ステンドグラス1本が完成すると、ガラスを破棄してステンドグラスをひっくり返して新しいステンドグラスを作る!

1本完成すると、ボードの下に完成したマーカー(ガラスを配置。これが最後の得点計算に大きく影響してくるので、どの場所のステンドグラスを優先して作っていくのかが重要!(一気に再度にコンボが発生して、高得点を狙える!)

だんだんと、キレイなガラスを配置してステンドグラスが完成していくのはちょっと見もの!ゲームシステムとマッチしたシステムも美しい!

と、ざっくりだけどこんな感じでゲームが流れていく。実は「シントラのステンドグラス」の後に1作目のアズールをプレイしたんだけど、なるほどなるほど!これ面白い!

2作目にありがちな、複雑怪奇な方向に進んでいるんじゃなくって1作目の問題点を上手く解決しつつ、新しいゲームになっている!アズールの良い点は継承しているのは素晴らしいとしか言えない!!

アズール:シントラのステンドグラスをプレイしてみて!

ウーム!これは面白い!重ゲーかと思っていたけど、意外とルールはスーッと飲み込めたので、ゲームの見通しは良いです!なのでプレイしていて、なにをするべき何のかが見えてくる。以外と初心者でも1ターンぐらいやればわかってくるんじゃないかな?!

また、その後に遊んだ「アズールの1作目」は、結構ガチガチな配置の読み合いだった。失点する要素が大きく相手の選択によって一気に5点失点という事もありえる。それらの問題を解決して、この2作目の「シントラのステンドグラス」が作られているというのが一番の印象!遊びやすくなっています。

2作目の「シントラのステンドグラス」は、得点の連鎖がゲームの終了に一気に起きるので、それまではちょっと地味な印象かな。アズールの1作目の方が、タイルの配置が揃ってくると途中でポコポコと点数が貰えるの楽しかった。このあたりのプレイ感覚は両方プレイしてみて好みがわかれるところ!

1作目も2作目のアズールも同じシステムを持っているんだけど、周りを大きく変える事で、これほどゲーム性とゲーム感覚を大きく変える事ができるというのが、両方プレイしてみての一番の印象!凄い!

そして個人的には、1作目のアズールシントラのステンドグラスだったら・・・個人的にはシントラの方が好きかな・・・どうかな?!1作目も好きかも!両方悩んでしまうってのは、どちらも優れているという事か!

パッケージやコンポーネットもどちらも素晴らしいので、両方かっても損はないかも!!
これは本当に凄く良いゲームだと!!!思いました!

アズール | タイル職人としてエヴォラ宮殿の壁をカラフルなタイルで装飾しよう!
 コロコロ堂の夜コロで「アズール:シントラのステンドグラス」体験会でプレイをした後、1作目のアズールもプレイしてみました! アズールは2018年のドイツ年間ゲーム大賞受賞した作品...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする