BitSummit 7 Spirits | ビットサミット・セブン・スピリッツにいってきた!

スポンサーリンク

最近、どっぷりボードゲームにはまった日常生活をしていて、仕事中もボドゲの事しか頭にないんだけど・・・今日は本業のテレビゲームについてです!

2019/6/1〜6/2にかけて京都で開催された「BitSummit 7 Spirits | ビットサミット・セブン・スピリッツに行ってきました!BitSummitはすでに7回目!だから「7 Spirits」らしい!

■開催概要
名称:BitSummit 7 Spirits(ビットサミット セブン スピリッツ)
日程:2019年6月1日(土)・2日(日)
時間:10:00 ~ 17:00
会場:京都市勧業館「みやこめっせ」3階 第3展示場
主催:BitSummit 実行委員会

初めてBitSummitに行ったのでかなりワクワク!

僕が行ったのは6/1(土曜)の1日だけの参加!東京からの移動なので、金曜日の夜24:00発の深夜バスで7時間かかっての移動!途中2時間おきに休憩が挟まるので疲れにくかったとはいえ、それでもヘトヘト・・・

BitSummit会場へは京都駅から市バスで移動!電車よりもバスの方が移動しやすいらしい!Googleナビでのルート検索でも市バスルートを推していた!約30分ほどでついたよ!

スポンサーリンク

BitSummitとは?

テレビゲームのインディーズゲームの発表会場!

河原町三条で降りたが・・・ここでやるの?

へ!ここ?? かなり寂しい感じだけど・・・あってるのかな?

ちょっと近くの中学生に「みやこメッセ」ってどこ?と聞いて、一本奥の路地を入った場所だとのこと!

あった!ここか!

ちょっと安心!結構大きい!大学みたいな感じ!

すでに9時ぐらいに行ったんだけど、かなりの列ができていて!しかも小学生とかkids達もSwitch持ちながら並んでいたりと幅広年齢層にちょっと驚いた!

BitSummit 7 Spiritsの会場に入ってみる!

おーここがBitSummitか!とちょっと感動しながら、ぐるぐると会場を1周してみる!意外と広いようで狭い!当然東京ゲームショウの1/10程度?だし・・・ゲームマーケットよりもかなり狭い!まだまだ発展途中のイベントということなんだろうな!

それでも会場の大きさに対して出展しているブースの数はかなり多く、出展している人の勢いと熱気が伝わってきました。

任天堂Switchブース!

会場入り口にどどーん設置されていたのが任天堂のブース!スペースも大きく、さすが任天堂!ゲームの王様!任天堂はBitSummitに協賛していて、Switch自体もインディーズゲームに力を入れている。

任天堂hSwitchを出した直後からBitSummitには協賛していて、開発用のデベロップツールの提供も積極的に行なっていた。

Switchソフトのラインナップも小さいデベロッパーのタイトルやインディーズのタイトルが多いのは任天堂が地道に行なっていた結果だろう!きっとNintendoCUBEやNintendo64のときのソフトのラインナップが少ない経験を踏まえての事かと。

気になるタイトル!

いくつか気になったタイトルをあげておきます。それ以外は、すでにあるゲームの焼き回しが多い印象。

PLAY DOG PALY TAG

かなり気が触れたゲーム!リードに繋がれたら犬が主人公?で人間は引っ張られて攻撃に使われるゲーム!??

マルチプレイ対応!

魔女の迷宮

うーむ・・・・ローグライクなゲームというか…風来のシレンとか不思議のダンジョンのまんまなゲーム。何か新しい要素ってあるのかな?

にんげんタワーバトル

カメラで人をキャプチャーしてタワーバトルに使うという斬新なゲーム!これカメラの制度も高く、撮り込んだ人をコリジョン化するの結構すごい!

炒飯をビニール袋で作るゲーム

なんかよく仕組みが分かってないんだけど、マイクの前でビニール袋をシャカシャカさせると炒飯ができるゲームのようだった・・・太鼓の達人のようなタイミングゲーでそれに合わせてビニール袋をシャカシャカさせるみたい。

こういう前衛的なゲームがBitSummitっぽくていいよねー

その他のゲーム

あと諸々・・・

ということで、BitSummitに行ってみたんだけど、今回で開催は7回目!参加は今回が初めてなので一概になんとも言えないけど、既存の市販ソフトに似ているゲームが非常に多かった印象!義実力はあるけどオリジナリティーが無いっていうか・・・インディーズなんだからもっと新しいゲームや実験的なゲームが出て流のかと期待していったけど、かなりガッカリした・・・

うーん・・来年の8回目にはいかないかなー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする